ニキビあと
【ビーグレン】浸透保湿ケア

大人の赤ニキビ

初期段階の症状が悪化することで赤ニキビになります。

この状態は炎症を起してるため痛みを伴ない、放置すれば跡になる可能性が高まってしまいます。また、症状が酷い場合は皮膚科で抗生物質を処方してもらい治療することにもなります。

ただ、大人になってからできる場合はスキンケアだけでなく、生活習慣なども関係してくるため、それらも改善しない限りは、繰り返しできてしまうので根本的な解決にはなりません。

キレイな肌を目指すのであれば、スキンケアはもちろん普段の生活を見直すことも重要になってくるわけです。

ビバリーグレン、ビーグレン製品の公式サイト 医療レベルの浸透技術を応用した化粧品。b.glen 

赤ニキビにオロナインを使う

ネットでは一日で治す方法としてオロナインを用いたものが話題になっています。
やり方は以下の通り




1、洗顔をして保湿ケアをする

2、気になる患部にオロナインをつける

3、絆創膏などで蓋をして、そのまま寝る



このシンプルな方法をして寝るだけで一日で赤くなったニキビが消えるというものです。
オロナインには強い殺菌作用があり、傷や火傷などにも効果があります。
このことから赤く炎症した状態
にも効果があるとのことです。

オロナインであれば家に一つはあるだろうし、薬局や病院に行く手間もかかりません。
また、治るまでの期間も短いために話題になってるのでしょう。

ただ、このケア方法には個人差があり、逆に症状が悪化したという人もいます。また、初期段階の症状ならばともかく、症状が悪化して赤く炎症してる状態が一日で治るというのは考えにくいかと。

そういった理由からオロナインを使った方法を試すのであれば自己責任でお試しください。

赤ニキビの治し方

赤くなってる状態を治すときは、できるだけ刺激を与えず洗顔、保湿ケアをしましょう。

まず、洗顔により肌を清潔な状態にします。この時に洗顔料を使うとしたら刺激の弱いものを使用し、ぬるま湯で擦らないように洗います。洗いすぎは厳禁です。洗顔を終えたら化粧水などでしっかり保湿ケアをします。

この後に、皮膚科で処方される抗生物質の塗り薬であるタラジンやアクアチムクリームを患部に塗っていきます。この塗り薬には炎症を抑える効果があるので、症状の進行を止めてくれます。場合によってはステロイドなども使われることも。

ただ、これらの薬には炎症を抑える効果があってもニキビができにくくなる効果はありません。
あくまで一時的に赤くなっている炎症を抑えてくれてるだけです。

なので、薬を使い症状を抑えてるうちに、保湿ケアしっかりすることで肌自身の防衛力を高めて肌トラブルが起こりにくい肌を作るようにしましょう。

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen

 

SEO対策テンプレート

プロフィール

初めまして、このサイトの運営してるカナです。



昔、肌荒れに悩まされてたので、その時にもっと
知識があれば早く改善されたのでは?
​という考えの下から、このサイトを作りました。

今悩まされてる人の参考になると嬉しいです。

 

 

 

ニキビ 化粧水

© 2019 ニキビ 化粧水 rss